2007年12月01日

悲しいお別れ

今週、なんだか疲れ切ったまま始まりその疲れも取れないままに終わっちゃったのかも?
昨日も、高校時代の恩師のお通夜に参列たらーっ(汗)
前々からもう危ないとは聞いていたのですが、いざ遺影を見るとまたもうやだ〜(悲しい顔)
その遺影がまた、高校時代の体育の時間にタイムスリップしたような服装に笑顔。
「先生、今日床運動だって言ってたけれど体育館に来たらバレーのネット張ってたよぉ。バレーにしようよぉグッド(上向き矢印)」という私達のわがままをよく笑って「どうせまた、休み時間に急いでネット張ったんだろう。」と言いながらバレーにしてくれた優しい先生。
高校を卒業してからは、なかなか会う機会もなかったのですが今の会社に入って再開。
ご自宅のチョットした修繕などを、よく依頼してくださっていたのです。
そしてウチのあの会長ともゴルフゴルフ仲間で、定年後は会社集合のコンペにもよく参加してたんですよねぇ。
それが今年は「あれぇ?先生今年は見ないけれど、どうしたんだろう?ウチの会長のわがままに嫌気さした?」と思っていたら。。。
雪が降る直前に、先生の奥様から会社に電話
どうしても私にお願いがあるので、病院病院に来て欲しい言われ「先生、ゴルフか何かで足でも折って入院した?」くらいに思って行ったら、なんだかいつもの元気な先生とは違うバッド(下向き矢印)
顔は元々エラが張っててちょっと大きめだからわかんないけれど、身体はがりがり。
いつものハツラツした元気さも無いまま。。。
それでも「雪が降る前に融雪槽(雪を溶かす水槽)の点検をして欲しい。」とお願いされました。
その点検の時に奥様に聞いたら、肺ガンだと言うもうやだ〜(悲しい顔)
もう、なんと言って奥様に言葉を掛けて良いかわからない私に奥様の方が「大丈夫林檎ちゃん!ウチのお父さんが、ガンになんか負けるわけ無いじゃない!」と逆に励ましてもらってたらーっ(汗)
一度はお見舞いにと思いつつ、忙しくバタバタしていていけなかったのが悔やまれます。

実は、亡くなった事を知る前に買い物をしてたら先生ソックリな人に遭遇。
それをみて「今年中には一回は行かなくちゃ」と思っていたところに。。。
昨日の昼間も、会社のコーヒー類を買いに買い物へ行ったら別な恩師に会って「先生、今日はお参りに行くの?」と聞いたら「はっ?何かあったのか?」とご存じなかったよう。
亡くなった事を伝えると「良い所で林檎に会った。ここで会わなかったら知らないまま、失礼する所だった。これも先生が引き合わせてくれたのかなぁ?」
。。。私、霊感無いんですよ。
でも、こんな風な体験って決して初めてじゃなく「何か」感じる事が多いんです。

今は仕事中だけれど、告別式も終わって先生はもうお星様になってしまったぴかぴか(新しい)
きっと空から、私たちを見守ってくれるに違いないたらーっ(汗)
posted by 林檎 at 14:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。