2007年12月06日

呆れた。

昨日、社長と建築の次長と社員でチョットお出掛けしていた。
お昼ご飯レストランを食べて喫茶店しながら和んでいたら、社長がいきなり口火を切ったらしい。
「ウチの息子(三代目)は、家族の中で一番繊細な神経を持っていてけっこう落ち込みやすいんだ。」と言ったらしい。
次長と社員は、言葉には出さなかったが「繊細なヤツが、あそこまでボケか?」と同時に思ったと言う。
「小さい頃から、理解するのに時間が掛かる上に自分で理解できたと思わないと行動に移せない性格だからもう少し気長に見てやって欲しい。」と親バカ発言が出た。
。。。あの、気長にって言ってももう働いて丸3年経つんですよむかっ(怒り)
親から見たら可愛い息子で大切に扱いたいのかもしれないけれど、同じ職員としてみるこちら側から言えば「同じ事を何度注意しても、一向に改善されない。」「日に日に進歩するどころか、後退している!」となるので働く気が無いとしか見えない。
三代目、11月の初めに風邪で休んだのだが本当の理由は「会社に行っても、誰も僕と喋ってくれない。避けられてる。だから会社に行きたく無いんだたらーっ(汗)」とまで言い出したらしい。
これも、仕事が出来ない人間と息抜きの無駄話をにこやかわーい(嬉しい顔)に出来るほど私達だって人間が出来てるわけではないちっ(怒った顔)
みんなで仕事の話しをしていても、聞こえないフリなのか聞く気が無いのか三代目にその話を振ってもちんぷんかんぷんな顔をしちゃう。
そうなると、余計に「コイツと喋っても、時間の無駄ふらふら」と思っちゃう。
自分で立場を悪くして行ってる三代目に、優しく接すれと社長は仰ってるらしいふらふら
菌ばらも呆れちゃって、叔父である専務に「こんな事言い出したらしいよ。」と今朝喋っていた。
ヒトラー専務も呆れ返っちゃって「そんな根性じゃぁ、このまま居てもどうもならんだろうグッド(上向き矢印)」と匙を投げたみたい。
。。。うーーーーん、三代目が跡を継いだら確実に現社員は解雇されちゃうんでしょうねぇ。
その前に、そんなのを次期社長にしようと本気で思ってたら会社は倒産ですよねぇバッド(下向き矢印)
posted by 林檎 at 10:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 猛獣館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。