2007年11月09日

ディオールスキン エクストレム フィット

19.11.09-1

19.11.09-2

今年の秋冬パウダーファンデ、やはりディオールにしました。
アルビオンから気持ちが離れてきているのも一つの要因ですが、サンプルでアルビオンのモノも使った結果です。
北海道、すでにストーブ生活が始まっているので乾燥するけれど暑いあせあせ(飛び散る汗)
だから、お化粧直ししても忙しくバタバタとしてたらあっと言う間に化粧崩れもおきます。
正直「崩れないファンデーション」なんて、あんまり期待していない私です。
それで「キレイに崩れるファンデ」という事で、ディオールをチョイスしました。
アルビオンのは、私には汚く崩れたのでもうやだ〜(悲しい顔)
この「ディオールスキン エクストレム フィット」は、潤うパウダーファンデなので超乾燥時期までは行けそうです。
お化粧直し後の、粉っぽさもあまり感じられませんが「カバー力」を求める方に不向きかも?
19.11.09-3

19.11.09-4
今回は、カプチュールの3点のサンプル頂きました。
明日の夜から、使ってみようかなぁ?
posted by 林檎 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
林檎さん、お引越しおめでとう♪

壁紙が素敵ですね〜!!

『潤い』という文字は惹かれるものが有りますね(笑)
超乾燥時期・・恐ろしいわ〜。

Posted by ホリー at 2007年11月10日 02:10
ありがとうございます!
壁紙、gooの方が可愛いの多かったかな?
でもこっちの方が、カスタマイズ簡単だし♪

そう。。。もう乾燥して来てますからねぇ。
保湿頑張らないと「粉ふきイモ」になっちゃいますものね。
こっちは、もうストーブガンガンだから早いんですぅ。
Posted by 林檎〜ホリーさん at 2007年11月10日 07:35
「きれいに崩れる」ってわかります。
汚くなるのは本当に困りますよね。
これから乾燥する冬なのだけれど、室内の暖房で皮脂が思った以上に多くなったりとか・・・。

今、私は「うすづきすぎ」のパウダーファンデです。もうちょっとカバー力があるほうがいいのかもしれませんが、お手入れルームの温度を高くしているため、濃いファンデーションは本当に汚くなってしまうの・・・・。

メイクはくずれるものだけれど、崩れるときはできるだけ目立たなく・うつくしく、ですよね。
Posted by のな at 2007年11月10日 16:55
ディオールのパウダーファンデってケースも素敵。
乾燥に強いの?
おいらリキッド専門なので、パウダーファンデはもう一年くらい使ってるけど、ほとんど減ってない。(腐ってないかな)
ディオールはサンプルでも、とても高級そう!
Posted by ころこ at 2007年11月10日 22:28
そうなんですよねぇ。
崩れないメイクなんて「鉄仮面」じゃあるまいし、ビックリですよねぇ。
夏の暑さとは違う、冬の北海道の室温の高さですよねぇ。
崩れるものと諦め始めると「キレイに崩れるもの」って思うようになったんです。

のなさんは、その道のプロですものねぇ。
まずは「土台作り」がキチンとされてるから、薄付きなファンデでもOK!ですよねぇ。
Posted by 林檎〜のなさん at 2007年11月11日 14:31
このファンデは、パウダーなのに保湿力あったんですよ♪
ただ、超乾燥時期は乗り越えれるのか?は疑問ですけれどね。
私も、朝のメイクはリキッド+お粉なのでパウダーファンデはお化粧直し用なの。
だから、全然減らないのよぉ。
きっと3年は使えそうなくらいね。。。
でも、ヤバイ!と思って2年目にはスポンジじゃなくブラシでフェイスパーだーのように使って無理やり消化してます!
Posted by 林檎〜ころこさん at 2007年11月11日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。