2007年12月01日

悲しいお別れ

今週、なんだか疲れ切ったまま始まりその疲れも取れないままに終わっちゃったのかも?
昨日も、高校時代の恩師のお通夜に参列たらーっ(汗)
前々からもう危ないとは聞いていたのですが、いざ遺影を見るとまたもうやだ〜(悲しい顔)
その遺影がまた、高校時代の体育の時間にタイムスリップしたような服装に笑顔。
「先生、今日床運動だって言ってたけれど体育館に来たらバレーのネット張ってたよぉ。バレーにしようよぉグッド(上向き矢印)」という私達のわがままをよく笑って「どうせまた、休み時間に急いでネット張ったんだろう。」と言いながらバレーにしてくれた優しい先生。
高校を卒業してからは、なかなか会う機会もなかったのですが今の会社に入って再開。
ご自宅のチョットした修繕などを、よく依頼してくださっていたのです。
そしてウチのあの会長ともゴルフゴルフ仲間で、定年後は会社集合のコンペにもよく参加してたんですよねぇ。
それが今年は「あれぇ?先生今年は見ないけれど、どうしたんだろう?ウチの会長のわがままに嫌気さした?」と思っていたら。。。
雪が降る直前に、先生の奥様から会社に電話
どうしても私にお願いがあるので、病院病院に来て欲しい言われ「先生、ゴルフか何かで足でも折って入院した?」くらいに思って行ったら、なんだかいつもの元気な先生とは違うバッド(下向き矢印)
顔は元々エラが張っててちょっと大きめだからわかんないけれど、身体はがりがり。
いつものハツラツした元気さも無いまま。。。
それでも「雪が降る前に融雪槽(雪を溶かす水槽)の点検をして欲しい。」とお願いされました。
その点検の時に奥様に聞いたら、肺ガンだと言うもうやだ〜(悲しい顔)
もう、なんと言って奥様に言葉を掛けて良いかわからない私に奥様の方が「大丈夫林檎ちゃん!ウチのお父さんが、ガンになんか負けるわけ無いじゃない!」と逆に励ましてもらってたらーっ(汗)
一度はお見舞いにと思いつつ、忙しくバタバタしていていけなかったのが悔やまれます。

実は、亡くなった事を知る前に買い物をしてたら先生ソックリな人に遭遇。
それをみて「今年中には一回は行かなくちゃ」と思っていたところに。。。
昨日の昼間も、会社のコーヒー類を買いに買い物へ行ったら別な恩師に会って「先生、今日はお参りに行くの?」と聞いたら「はっ?何かあったのか?」とご存じなかったよう。
亡くなった事を伝えると「良い所で林檎に会った。ここで会わなかったら知らないまま、失礼する所だった。これも先生が引き合わせてくれたのかなぁ?」
。。。私、霊感無いんですよ。
でも、こんな風な体験って決して初めてじゃなく「何か」感じる事が多いんです。

今は仕事中だけれど、告別式も終わって先生はもうお星様になってしまったぴかぴか(新しい)
きっと空から、私たちを見守ってくれるに違いないたらーっ(汗)
posted by 林檎 at 14:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても悲しい週末を迎えられたのですね。
林檎さん、大丈夫??落ち込んでない?

大切な人との永遠の別れは辛いものですよね。
林檎さんの成長を見守ってこられた恩師とのお別れ。
たくさんの思い出が甦り、
切ない時間を過ごされているのではないですか?

その似た方との遭遇、別の恩師の方へのお知らせ。
きっと亡くなられた先生がお別れを言いに
いらしたんですよ。

今頃はようやく痛みや辛さから解放されて
安らかにお眠りになっていることでしょう。

こうやって思い出話を語られることがきっと
何よりのご供養になっていますよぉ。
林檎さん、元気を出して下さいね。
Posted by えみり at 2007年12月01日 18:49
先生にも奥さまにもとってもかわいがられていたんですね、林檎さん。
社会人になってからお付き合いが再開、
きっと先生にも思い出深いかわいい教え子さんだったことでしょう。

お別れはつらいですね、
林檎さんがきてくれてきっとよろこばれていたと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

元気にお仕事がんばっているところを
きっと空から見守ってくれていることでしょう。
Posted by ルウ at 2007年12月01日 20:57
だんだんと自分の周りの大切な人たちが少なくなっていく。
本当に悲しいよね。
林檎ちゃんちゃんとお別れができて良かったね。
きっと別の恩師のことも林檎ちゃんをとおして導いてくださったのでしょう。

わたし達は亡くなった方達に祈り守っている。
それは亡くなった方達に祈られ守られているということだね。
Posted by ころこ at 2007年12月02日 01:13
すごいシンクロニシティですね。
きっと亡くなった先生が、「林檎に印をつけておけば、みんなに会える」って思ったんでしょうね。

霊感なくても、そういう影響が素直にでるひとっていますから。

こんなに慕われた先生が天国に行ってしまってさみしいですね。
林檎さんの気持ちはきっと全部、先生に伝わっていると思います。
時間かかるかもしれないけど、元気だしてね。
Posted by のな at 2007年12月02日 10:56
うーーん、実は内心「覚悟」してたからねぇ。
ただ、一回しかお見舞いにいけなかったのがね。

もう、私もかなりのお年頃?なので恩師も定年してる方が多いのよねぇ。
でも、まだまだお星様になる年齢では無いだけにね。
ここ数日、気持ちは高校生になってるし。。。高校時代の夢も見てます。
私には一番楽しかった「時」だったしねぇ。

身内の方にお聞きしたら、ほとんど苦しむことも無く
穏やかに眠るように亡くなったと聞いたのがせめてもの救いかなぁ。

ご心配掛けちゃって、励ましのお言葉ありがとうございます。
Posted by 林檎〜えみりさん at 2007年12月02日 16:24
学生時代は、フツーに体育の先生と一生徒だったの。
どっちかと言うと、違う体育の先生に可愛がられてた私なので。。。
でも、何かの「縁」があってこうやって再会して奥様にも可愛がっていただけたのが今はとっても感謝です。

お参り、行かなかったらいつか私があっちへ行った時に先生に「グラウンド10周!」って言われそうで。。。
今はもう、痛かったり辛い事も無くあちらで私達を見守ってくれてますよねぇ。

ルウさんにまでご心配をかけちゃってm(__)m
励ましの言葉、ありがとうございます。
Posted by 林檎〜ルウさん at 2007年12月02日 16:28
本当に、お年頃?な私なので段々とこういうお別れの機会が増えちゃうんですよね。
きっと、スーパーで別の恩師にあったのもお導きだったのよね。

こうやって、見守ってくれる人が増えていくのは悲しいけれど
いつまでもくよくよせず元気にしてなきゃ
先生も心配だろうしね。
先生の代わりにはなれないけれど、たまにはご自宅へ行って
奥様とお喋りしてくるわ♪
ころこさんも、ご心配&励ましのお言葉ありがとうm(__)m
Posted by 林檎〜ころこさん at 2007年12月02日 16:32
私ね。。。本当に霊感とか無いただの「怖がり」なのにこういうの多いの。
懐かしい人のお話をしたら、なくなったって連絡受けるって多いのよ。
これもそぉ?
今回は、先生が私に印を付けて会いたい元同僚の先生にお知らせしたんでしょうねぇ。
「林檎はチョロチョロしてるから、印付けとけ!」だったかも?

のなさんも、励ましのお言葉とご心配ありがとうございますm(__)m
Posted by 林檎〜のなさん at 2007年12月02日 16:35
読みながら涙が出てきました。

良い先生だったんですねぇ。
卒業してからも交流があるのは羨ましい師弟関係です。
うちの伯父が言ってました。
「教師ってありがたい。ウチの息子の命日に未だに教え子がきてくれる」
その教師をしていた従兄は20代の初めに白血病で亡くなったの。
林檎さんの記事を読んでいて思い出したんですが世代も時代も違う話なのに・・ごめんなさい。

先生のご冥福を私にもお祈りさせて下さいね。
Posted by 赤い靴 at 2007年12月04日 22:35
先生のために、赤い靴さんにまで涙を流してもらっちゃってm(__)m
本当に穏やかで誰からも好かれる先生だったんですよ。
卒業してから、かなり年数が経ってるのに再会出来た事が「縁」だったんですよねぇ。
赤い靴さんも、若い時に従兄さん亡くされてるんですね。
「人の死」っていつかは体験しなきゃいけないことだけれど
出来れば遅ければ遅い方が良いって思っちゃいますよね。
その従兄さんも、きっと「慕われる先生」だったんでしょうね。
時代は違うけれど「世代」は多分一緒ですよね。
だから「師弟関係」がまだ深いのかも?
今若く教師されてる方たちって、ここまで生徒に愛情を持って接してくれてるのかなぁ?ですよねぇ。

赤い靴さんにもお祈りされて、先生もきっと喜んでると思います。
ありがとうございますm(__)m
Posted by 林檎〜赤い靴さん at 2007年12月05日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。